不倫願望40代のセックスは気持ちいい誰でもいい私を抱いて

 不倫願望って誰にもありますよね不倫セックスは気持ちいい旦那とは違う40代の不倫セックスは初体験でした。

 

 

 主婦不倫に会いたいと言っていたが人妻が好きで熟女としたいと言っていた。私はSMに興味があってそんなメールの会話から会うことになった。

 

 

 40代の主婦は旦那とは一度も経験したことのないことばかりでドキドキしながら、メールで約束した通り下着を着けないで電車に乗った。

 

 

 彼も40代で待ち合わせをするときは下着を着けずにブラジャーもできるだけ体の線が分かるような洋服を着てくるようにと言う。

 

 

 嫌だと言いながら私は逆らうことができない。そして、また彼に会いたくなって出かけてしまう自分に驚いている。

 

 

 ホテルに入ると、彼は豹変する。彼は私の顔を自分の股間に引き寄せ、むせ返る異臭でジッパーを引き下げ彼の股間から引き出された私の顔のすぐそばで大きく怒張したものが脈打っていました。

 

「さぁ!厭らしい奥様、ご主人様に奉仕するんだよ」完全に私を支配するのです。

 

 

 まさにご主人様で、私は戸惑い自分が哀れなペットに扱われていることにひどく興奮しました。ペットならそうするだろうというように根元を手にしながら赤黒く大きく張った先端をすっぽりと口に含みました。

 

 

 彼は一瞬「ううう〜」と心地よさそうな声を洩らしました。

 

「舐めるだけじゃだめだ。自分のオマ○コをいじりながらしなさい」という。

 

 

 私は彼のものを口にしたまま自分のオマ○コをいじりました。私がこんなに濡れていることに自分でも驚く。指先でいじっただけで熱い体液が溢れて流れている。

 

「この熱い白濁ジュースを君に飲ませてあげようね」彼は私の顔を両手でつかむと腰を前後に動かしてきました。

 

 

 無我夢中で彼のペニスを咥えている私は突然口や喉を彼の太いもので、咽そうになりました。あまりの苦しさに彼の足に爪を立て逃げようとしましたが彼は口にペニスを突っこんでくるのです。

 

 

「きっとこのままでは私の口に発射するつもりだわ」

 

 髪の毛を掴まれてどうする事も出来ませんでした。私は本来フェラチオの経験も少なく、ましてや男性のそれを口でなんかなかったのです。

 

 

 でも今の私は見知らぬ男性のペニスをしゃぶる淫やらしい雌犬なので飲むしかないのかと思った。その瞬間、彼が「うう・・」と短く口に突っ込まれた陰茎の先端から熱くたぎるものが喉もとに向かって発射されました。

 

 

 生臭い液はスゴイ臭いで吐き気がする。涙で私の顔はグチャグチャになる。その泣き顔に彼は無言でペニスをこすりつけるのです。

 

「なんてみっともない顔だ」

 

「もっと汚してやろう」

 

 粘っこいものを顔面に陰茎をなすりつけ私の顔はべとべとになっている。

 

 

 それからシャワーを浴びてきれいに身支度して、いつものように電車に乗って何食わぬ顔で家に帰ります。

 

 

 不倫願望がある主婦は旦那とはすることがない不倫のセックスは旦那より気持ちいいと思っています。40代の不倫のセックスは今では欠かせない私に一部分になっています。

 

【32歳 美由紀 三重県】

 

 

通常500円分のポイントが付きますがここから登録すると1000円分の無料ポイントが付きます。

 

ここから
TOPに戻る不倫 願望,不倫 セックス 気持ちいい,40代 不倫 セックス不倫アプリサイトでせふれ募集する方法>>